「腹黒く発信・企画をお伝えする講座」というのに参加してみた(笑)

  • 2017.07.06 Thursday
  • 07:17

 

 

先日 おもしろい講座に参加してきました 

 

雨野千晴さん(雨ちゃん)主催  

「腹黒く発信・企画をお伝えする講座」 

 

これ その時のレジュメね 

 

 

雨ちゃんたら「持ち歩くのに恥ずかしい資料」なんて言ってんの (* ´艸`) 

(背表紙がおっさんマステ ←これだけでもウケるでしょww) 

 

だけどこの資料 

 

わたしにはバイブルよ(マジで) 

 

何度も読み返したいし 試したい内容です 

 

 

 

WEBで企画・発信のセミナーって 

 

起業ビジネス系な感じだけど 

 

雨ちゃんのは そういうフツーに真面目で 

 

難しそうなのとは違うんだな 

 

雨ちゃんの切り口は ちょっと変わってる 

 

定石を無視したところもあって「おおッ!」となる 

 

いつもふざけてるのに核となる部分は 

 

超まじめでピュア 

 

自分軸を持っていて いつもブレてない! 

 

決して偉ぶらない 

 

わたしは彼女のそういうところに魅かれているのです 

 

自分が 魅力的だな〜と思える人から聞くお話は 

 

沁みるんですよ〜 

 

(こんな真面目でカッコイイ雨ちゃん初めて見たww)

 

 

 

 

雨ちゃんは この講座の内容を 

 

「なんでも書いちゃっていいよ〜」と言ってくれたのね 

 

出し惜しみしないところがすごいんだけど 

 

雨ちゃんが この日わたしたちに話してくれたことは 

 

雨ちゃんの言葉だったからこそ響いたわけで 

 

わたしが同じことを言っても同じようには伝わらないと思うんだな(笑) 

 

だけど まぁ ちょっとだけ紹介させてもらいます 

 

 

 

いくつかのワークをしました その中には 

 

「生まれ変わったらなりたい食べ物は何か」 

 

という変な質問があってね 

 

2〜3分で考えて書き出すの  みんな真剣 (^o^)

 

 

 

「生まれ変わったらなりたい食べ物は何か」

 

 

 

わたしはねぇ 「パセリ」って答えたのです 

 

その理由を聞かれてわたしが答えたのはこう 

↓↓↓

1.パセリは料理に添えるだけで華やかさを提供できる 

(みんなを引き立てられる というかパセリがいないとみんなイマイチじゃんね) 

2.クセがあるからみんなが手を出さない ←つまり生き残れる 

3.八百屋では売れ筋の品ではないけど美意識の高い人に選ばれそう 

 

 

 

 実は このワークはねぇ 

 

自分が大事にしてることの本質を知るのに有効なんだって! 

 

「これをkumikoさんのものづくりに当てはめてみるとねぇ」と言って 

 

雨ちゃんは得意の分析をしてくれました 

 

雨ちゃんが言ってくれたことを大急ぎでメモしたよね〜 


わたしなりにまとめるとこんな感じです 

 

 

【わたしがものづくりするうえで大事にしていること】 

1.作品のおしゃれ感というか ビジュアルを大事にしている 

2.ちょっと変わったユーモアのあるものが好き

(意表をついてみんなの目を引きたい) 

3.万人受けするものでなく 意識の高い人に受け入れられたい 

 

なんと「パセリ」になりたい理由が見事にマッチ 

 

「おお!」となるでしょ 

 

他にも いくつかのワークをやって 

 

自分でも気づかなかったような本質を知り 自分軸を確認  

 

↑まずここが大事で それがわかった上での 

 

発信力・企画力のスキルアップなのです 

 

具体的な手法をいろいろ説明してもらいました 

 

おもしろおかしくね・・・(笑) 

 

 

いやぁ めっちゃ楽しかったぁ〜〜 

 

雨ちゃん主催のイベントで楽しめなかったものはないけどね 

 

 

「腹黒く発信・企画をお伝えする講座」って 

 

ホントはちっとも腹黒じゃないよ 

 

「腹黒い」の語源はお魚のサヨリから来ているんだとか 

 

見かけは美しいお魚でも 

 

お腹の中が黒膜で覆われているからそういうらしいの 

 

でもそれは 内臓を紫外線から守ってのことだそうです 

 

自分が大事にしていることを守りつつ 

 

戦略的に効果を上げていくための手法を学ぶ 

 

雨ちゃんの「腹黒講座」は そんな感じかな  

 

 

 

雨ちゃんは こんなふうにも言ってたなぁ 

 

「この講座内容は わたし自身の経験から導き出した手法 

 

だからあなたにとっての正解ではないかもしれない 

 

そこは自分に合うことだけを実践するなり 

 

何かしらのヒントにしてもらえれば・・・ 」 

 

と あくまで受講者主体のスタンスなのです 

 

最初っから「メンターです」みたいな立場で 

マウントポジション取る講師とは違うよ〜 

自信を持ってみんなに伝えるのと 

いつも上から目線でものを言うのは違うと思うんだな 

・・・とまぁ ナゾのつぶやきは置いといて・・・(/_-) / 

 

 

 

はい 先日の講座は 

 

笑いあり涙ありの密度の濃い6時間でした! 

 

笑いすぎて免疫細胞もかなり活性化したと思われます 

 

これからは いろんなことに流されず 

 

自分軸を保ちながら 

 

できるところから脳出ししていきますね 

 

 

 

以上 雨ちゃん講座のレポでした 

 

興味あるけど行けなかった I さんの参考になったかなぁ 

 

 

 

雨野千晴さんのブログはこちらから →

 

  

 

 

 

こちらもクリックしていただけると 
とってもうれしいです

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村

 

これは使える! ダイソーのモスシートがお気に入り 

  • 2017.07.01 Saturday
  • 22:55

 

 

 

これです コレ コレ 

 

 

ダイソーのフェイクモスシート 

 

 

最近のお気に入り素材です 

 

四角タイプもあります 

 

 

 

 

この上に 

 

かわいい子をのっけるだけで 

 

 

 

「 Picnic On The Grass 」な感じ (*^^*) 

 

古新聞でつくるクマ・・・関連記事はこちら→  

古新聞でつくるネコ・・・関連記事はこちら→

 

 

 

周りにレースモチーフやブレードを付けることで 

 

 

ただのモスシートが ちょいとグレードアップ

 

フォトスタイリングの素材としても使えますね 

 

 

 

 

他にはね 

 

このモスシートを 

 

カルトナージュの箱づくりに利用してみたので 

 

ちょっと紹介です 

 

 

 

こちら 作りかけのカルトナージュボックス・・・ 

 

 

この後  ふた部分と側面に 

 

カルトンペルフォレで模様をつけるつもりでして 

 

こんな感じのね↓

 

 

装飾的なアイアンフェンスを参考に 

 

ただ今 カットしてるところです  

 

箱のイメージは フェンスに囲まれた「ひみつの花園」! 

 

箱の中が花園という設定です 

 

内側面に花柄の生地を貼り 

 

 

内底にモスシートを貼ってみました 

 

切りっぱなしOKで 木工用ボンドで貼れるから 

 

とっても便利  

 

おもしろいテクスチャーで 

 

なかなか感じ出てるでしょ(*^^*)  

 

 

 

箱は近いうちに仕上げてアップしますよ〜 

(と言って 自分にプレッシャーを掛けてみる) 

 

はい ちゃんと仕上げます! 

 

 

 

 

ポチっとクリックしていただけると 
とってもうれしいです

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村

 

 

ジャムの空き瓶が飾れるランプになる?! (掲載作品)

  • 2017.06.27 Tuesday
  • 00:25

 

 

フェリシモ「クチュリエの種」180号の掲載作品の紹介 

 

本日は空き瓶リメイクです  

 

 

 

毎回 裏表紙をめくったところに  

 

「リメイクレシピ集」という連載ページがありまして  

 

わたしが  今年1月号から担当させてもらってるページなのですが  

 

6回目の今回は  

 

小さめの空き瓶を使ったリメイクを  

 

載せてもらっています  

 

 

 

小さな空き瓶が  

 

 

こんなふうになります  

 

 

これは大変身!  

 

お部屋に飾るとこんな感じです 

 

 

 

空き瓶以外に使った材料も  

 

手に入れやすいものばかりです  

(100均とか市販のお菓子の空き箱とか)   

 

 

 

 

リメイクレシピ集は  

 

身近にある不要品を使ってできる工作を紹介したもの 

 

わたしが撮ったハウツー画像で 解説もしていますよ  

 

 シワの多い手はわたしの手だけど  

 

ときどき娘に手タレをお願いしているので  

 

きれいな若い手のときもあります(笑) 

 

 

「クチュリエの種」への連載期間は  

 

1年間なので もう折り返しですねぇ  

 

 

 

何なに?と ちょっと気になった方  

 

どれどれ見てみようかしらって思った方は  

 

こちらのサイトからぜひ会員登録を! → ☆ 

 

「クチュリエの種」はフェリシモクチュリエクラブにご入会されますと 

 

毎月送られてくる小冊子 1冊100円ですよ♪ 

 

 

 

 

ポチっとクリックしていただけると 
とってもうれしいです

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村

 

  

おしゃれな錆び萌え写真が撮れる場所

  • 2017.06.20 Tuesday
  • 23:23

 

 

はい 前回の続きです 

 

東京から2時間近くかけて 

 

ブーランジェリーヤマシタさんまで来た友人 

 

ここのパン屋さんだけで 

 

一緒に1時間半くらい居たかも ww 

 

しかし せっかくこっちまで出てきてくれたんだからね 

 

この後 少し足を延ばして  

 

わたしのお気に入りスポットにも 案内しました 

 

今日は その時に撮った写真いろいろを載せてます 

 

 

 

 

ここは 湘南の蔵元「熊澤酒造」の展開する商業施設です 

 

結構 田舎にあります 

 

 

門を入ってすぐのアーチをくぐり抜けると 

 

 

工場の敷地内に 

 

立派な古民家のイタリアンレストランや 

 

酒蔵を改装した和食のお店 

 

桶場を利用した雑貨屋さん 

 

お蔵を改装したベーカリー

 

などがあるんです 


 

こういうレトロな建物はもちろん 

 

酒造りの古道具など 外の広場にすごく自然に置かれていて 

 

いい感じに庭づくりのモチーフになっています 

 

 

 

IMG_1487 (480x640).jpg

 

 

ノスタルジックな風景を撮りたい方 

 

錆び萌え写真を撮りたい方におススメです! 

 

 

 

朽ちた木戸とか 

 

IMG_1501 (480x640).jpg

 

IMG_1499 (480x640).jpg

 

 

昔 活躍した道具たち 

 

IMG_1493 (480x640).jpg

 

 

リヤカーの骨組みに掛けられたサインボードとか 

 

IMG_1506 (480x640).jpg

 

 

錆び錆びの看板など なんとも微笑ましい 

 

IMG_1514 (480x640).jpg

 

 

 

かつて桶場と呼ばれ 

 

酒樽や道具の修理製作をする工房だったというところは 

 

地元の作家さんの作品が購入できるギャラリーになっていてね 

 

IMG_1520 (480x640).jpg

 

お酒造りに使われていた道具や 

 

 

時代を感じる生活雑貨などと一緒に 

 

作家さんの作品が並べられていて 

 

とてもいい雰囲気なのです  

 

IMG_1526 (480x640).jpg

 

IMG_1556 (480x640).jpg

 

古いもの好きの方は ぜひともカメラを持って 

 

いらしてみてはいかがでしょう 

 

 

 

詳しい情報は熊澤酒造さんのサイトをどうぞ →

 

JR相模線の香川駅から徒歩5分くらいのところです 

 

 

 

 

こちらも よろしかったらポチッとお願いします。

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村

 

 

 

空き缶の「プルタブ」だって利用します! こんな使い方はどう? (掲載作品)

  • 2017.05.12 Friday
  • 23:36

 

 

ジュースとか ビールとか 

 

プルトップ缶に付いているタブ 

 

 

何かに使えそうでしょ 

 

よ〜く見るとベルトのバックルに形が似ているのです 

 

 

 

 

だからこんな使い方 


 

そのまんまベルトのバックルとして使ってみましたよ 

 

お洋服をかたどったミニボックスの装飾に・・・ 

 

後ろ姿もかわいいでしょ (*^^*)  

 

 

 

こちらは フェリシモ「クチュリエの種」で 

 

わたしが担当させてもらっている 

 

 「リメイクレシピ集」という連載ページに掲載中です 

 

 

 

不要品を使ったクラフトを紹介するページで 

 

ただ今 5回目(12回の連載予定です)! 


 

 

こちらの作り方は フェリシモ「クチュリエの種」179号に載っています 

 

今回も簡単な 作り方のハウツー画像 あります! 

 

(もちろん型紙付きですよ〜) 

 

 

 

「クチュリエの種」は 

 

フェリシモクチュリエクラブに登録すると送られてくる会員誌ですから 

 

興味のある方は ぜひこちらをご覧くださいね 

 

 

 

 

 

ポチっとクリックしていただけると 
励みになります

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村

 

 

貝殻を集めてお花のブローチにしてみる(掲載作品)

  • 2017.05.11 Thursday
  • 01:20

 

 

段々暑くなってきました〜 

 

晴れてる日は 

 

お部屋にこもってハンドメイドが 

 

もったいないくらい爽やかな季節ですね 

 

 

 

今月のフェリシモ「クチュリエの種」179号は 

 

そんな初夏のイメージです 

 

テーマは 

 

「キラツヤ涼し気アクセサリー」 

 

 

 

 

 

わたしは 小さな貝殻を集めて 

 

お花に見立てたブローチを提案しています 

 

 

裏側やサイドも丁寧に仕上げていますよ 

 

 

 

 

オーガンジーやシフォン素材と合わせてロマンチックに  

 

リネンなどに合わせて 大人フレンチテイストに ・ ・ ・ 

 

合わせ方次第でイメージが変わります 

 

ぜひお試しください 

 

 

 

 

こちらの 「貝のお花ブローチ」 

 

作り方は 「クチュリエの種」179号に載っています 

 

「クチュリエの種」は 

 

フェリシモクチュリエクラブに登録すると送られてくる会員誌ですから 

 

興味のある方は ぜひこちらをご覧くださいね 

 

 

 

 

 

ポチっとクリックしていただけると 
励みになります

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村

 

 

 

やっぱり「ベルばら」が好き! 〜池田理代子デビュー50周年記念展のレポ〜

  • 2017.05.09 Tuesday
  • 23:58

 

 

昨日は 横浜高島屋で開催されていた展示会 

 

『デビュー50周年記念展 池田理代子〜「ベルばら」とともに〜』  

 

を見に行ってきました   

 

 

すっかり忘れていて気付いたら最終日(58日)!  

 

間に合ってよかった〜〜 

 

 

 

 

わたくし ベルばらファンを名乗りながらも 

 

池田理代子さんの原画を見るのは初めてだったので 

 

興奮しました!!(一人静かに・・・)  

 

 

 

 

ベルばら連載当時の原稿ですからね 

 

1970年代のものです 

 

当時 週刊マーガレットの巻頭を飾った 

 

カラーイラストの原画や 

 

連載原稿など貴重な展示品ばかり 

 

食い入るように見てきましたよ (≧▽≦) 

 

(今回のチラシの裏面)

 

 

水彩紙はちょっとシワシワ感ありましたが 

 

そこに描かれている絵はきれいでした〜 

 

発色もよくて 細やかなタッチにうっとりだったのねぇ (´ω`) 

 

 

 

 

 

現在の漫画原稿がどう仕上げられるのか 

 

わたしは詳しく知らないのだけど 

 

今はデジタルの時代ですもの 

 

資料集めだってPC検索でサクサクできちゃうだろうし 

 

背景や効果描写の表現(点描とか集中線など)も 

 

PCツールの利用で時短できていると思うのね 

 

修正なども当時と比べれば 

 

はるかに効率よくこなせるようになったと思うし・・・ 

 

そんな技術革新の進んだ画期的な今の時代から見たら 

 

理代子センセが描いていらした頃は 

 

本当に大変な制作現場だったろうと想像します 

 

 

 

 

歴史ものだから時代考証も入念にされただろうし 

 

「ベルばら」は多大な時間と労力を要した作品だったんだなぁと 

 

当時の原稿を目の当りにして確信しました!! 

 

 

だってね 舞台は 18世紀後半のフランス 

 

ロココ美術全盛のころよ 

 

レースやフリルたっぷりのドレスに 

 

縦ロールの結い髪 

 

プロンドの髪の描写が これまた細かくて・・・ 

 

オスカルとマリー・アントワネット 

 

主要キャラの全部のカットに 

 

金髪のツヤツヤ描写を入れてあるんですよ 

 

 

貴婦人だけでなく男性の衣装もね 

 

金モール付きの華やかな軍服がよく出てくるでしょ 

 

詰め襟とカフスの金糸の刺しゅうとか 

 

フリンジの肩章など 

 

とにかく描写が大変な装飾ディテールばかり! 

 

 

インテリアもコッテコテの宮廷装飾だし 

 

 

あと 忘れてならないのは 

 

ヒロインの背景に描き込まれる薔薇の花・・・ 

(これはテッパン) 

 

 

 

ホント どこをとっても大変さが偲ばれます 

 

妥協のない繊細な描きこみに 

 

ただただ感動!!  

 

 

 

 

そんな細部にわたるまで丁寧になされた描写によって 

 

確立されたキャラクターが語る言葉は 

 

何十年経ってもわたしの中に残っているのですよ 

 

 

 

 

理代子センセは当時のご自分のことを 

 

「ものすごく情熱があって まっすぐだった」 

 

と表現されています 

 

 

 

当時の少女漫画界では「歴史モノは売れない」からと 

 

連載のGOサインがなかなか出なかったそうでね 

 

それでも描きたくて 

 

絶対に当ててみせますと豪語し 

 

人気が出なかったら連載打ち切りという 

 

覚悟の上でのスタートだったそうです 

 

 

 

そんなにまでして「ベルばら」を通して 

 

理代子センセが描きたかったことって何だったと思います? 

 

女性の生き方・・・なんですって! 

 

 

 

浪費家で国民の反感を買った王妃というイメージのある 

 

アントワネットですが 

 

理代子センセの描きたかったアントワネットは 

 

気高く誇り高く強い女性 

 

これは9巻(逃亡から処刑まで)のストーリーに 

 

集中しています 

 

 

 

そして自立する女性像として描かれたのがオスカルで 

 

もちろん時代や設定は 

 

現代とは かけ離れているけど 

 

どんな境遇に立たされるとも 

 

自分の心に忠実に生きる女性として描かれています 

 

 

 

 

歴史的な名作「ベルサイユのばら」は 

 

作者の情熱が生み出したもの 

 

 

 

 

好きなことで身を立てて 

 

それを50年も続けるって本当に素晴らしいことで 

 

理代子センセご自身が自立した女性そのもの 

 

カッコよすぎですわ! 

 

 

 

そんな理代子センセに敬意を表して 

 

「ベルばら」の続編を購入してきたのでした 

 

 

しばらくは「ベルばら」熱 再び・・・なのです(笑) 

 

 

 

 

 

ポチっとクリックしていただけると 
励みになります

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村

ミニ鉛筆のブローチを作ろう! 〜ワークショップのお知らせ〜

  • 2017.05.03 Wednesday
  • 00:33

 

 

いよいよ開催まで1か月を切りました 

 

うっかり女子の文化祭 〜うっかり女子でも大丈夫♡〜 

 

わたしも ワークショップ部門で出展いたします! 

 

 

 

 

先日 お知らせした 

 

kumikoのかんたんハンドメイドワークショップ◆
豆本みたいな付せんブック作り​」は 

 

15:00〜15:30の時間帯のワークショップで 

 

こちらは ありがたいことに満席になりました 

 

\(^o^)/ 

 

 

 

 

 

そして 本日は 

 

13:00〜13:30の時間帯の 

 

ワークショップについてをお知らせします! 

 

 

 

 

 

kumikoのかんたんハンドメイドワークショップ 

『ミニ鉛筆のブローチを作ろう!』 

 

 

小っちゃな鉛筆型のブローチを作ります 

 

4〜5僂離汽ぅ (*^^*) 

 

これね 本物の鉛筆じゃないんですよ 

 

 

 

 

材料はこんなの 

 

 

これにお好みのマステを使って仕上げます 

 

鉛筆のお尻部分も リアルでしょ 

 

 

これに ブローチピンを付けると 

 

 

お洋服や帽子 バッグなんかにも付けられるようになります! 

 

 

 

こちらは お子さんも参加していただけるように 

 

参加費は500円(2個作れます)

 

 

 

特にご予約は要りません 

 

当日 13:00〜13:15の間に 

 

お越しくださった参加ご希望の方に 

 

先着順で やっていただく予定です 

 

 

 

詳細をまとめると・・・  

 

 

 

kumikoのかんたんハンドメイドワークショップ 

『ミニ鉛筆のブローチを作ろう!』 
 

 

【日時】 

5月28日 13:00〜13:30 

 

【場所】  

原宿レンタルスペースさくら 

東京都 渋谷区千駄ヶ谷3-54-8 

 

【参加費】 

¥500(2個作れます) 


※お席が空いていたら 最終受付は13:15となります 

 

 

 

工作好きの方 ぜひお集まりくださいね〜! 

 

 

 

 

 

 

ポチっとクリックしていただけると 
励みになります

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村

 

 

「上手くなるとおもしろくない」を打破する策

  • 2017.04.16 Sunday
  • 00:47

 

 

日曜は毎週 家族で大河ドラマを見ています 

(めっちゃ昭和の家庭でしょ)

 

 

 

今年の大河ドラマ「おんな城主 直虎」ね 

 

毎回 冒頭にドーンと出てくる 

 

アートな題字が気になるのですが 

 

この題字は Maaya Wakasugiさんという 

 

フランス在住の書家の作品だそうです 

 

 

 

 

アートとして見ると すごいなぁと思う! 

 

だけど 

 

小学生が習うような書写の感覚で見てみると 

 

なんかさ 

 

手入れしてないボソボソの筆で 

 

書いてんじゃないの? 

 

と突っ込みたくなる奔放さ(って思わない?) 

 

 

 

 

 

そんな話をしていたら 

 

長女がね 

 

「こういう凄い書家の人は 全然そんな悩みはないだろうけど」 

 

と前置きし 

 

絵を描いていてぶつかる悩みを漏らしました 

 

 

ある程度 自分の思うように筆が動かせるようになると 

 

何を描いても 取りあえず 

 

「上手く見せよう」という思いが出て 

 

上手っぽい絵になるそうでね 

 

 

 

「なんとなく上手」に見せる技術が身についてきたこと 

 

マズいぞ!と思っているらしいのです 

 

「なんとなく上手」じゃあ おもしろくない! 

 

 

 

だから そういう時期は 

 

最初っから使えないような ボロっちぃ筆とか 

 

本来は筆じゃないようなものを筆として使うとか 

 

何かしら自分に負荷をかけてみるんだとか 

 

そういうストレスの中でも 

 

やっぱり懸命に描こうとするし 

 

自分が納得いくものに近づけようと頑張るでしょ 

 

そういう愚直さがね 

 

誰かに響いてくることも あるのかなぁって・・・ 

 

ただ今 いろいろ模索中らしいです 

 

 

 

そういうの 

 

好きなことだから できるのかなぁ 

 

見ていて刺激されますよ 

 

(*^_^*) 

 

 

 

 

 

 

ポチっとクリックしていただけると 
励みになります

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村

 
 

ちょっぴりの羊毛フェルトでできるカワイイもの(掲載作品)

  • 2017.04.12 Wednesday
  • 22:55

 

 

手づくり好きのみなさんは 

 

余った材料をどうされていますか? 

 

わたしはね 

 

気に入った色柄のものや 

 

手に入りにくいものなどは 

 

どんなに少量でも ほとんど取っておきます 

 

普段つくるものが小さいものなので 

 

少量でも何かに使えそうな気がするんですよね 

 

 

 

 

 

今月のフェリシモ「クチュリエの種」178号は 

 

そんな ちょっぴり残りの材料を利用して作れる 

 

いろいろレシピが載っています 

 

hagaki img405.jpg

 

 

 

 

 

わたしが提案させてもらったのは 

 

羊毛を使ったこんなチビちゃんたち 

 

羊毛の身に動物.JPG

 

3匹まとめて手のひらに乗っかる大きさです 

 

この中で わたしは小鳥が一番お気に入りでね 

 

 

 

色違い&サイズ違いでも つくってみましたよ〜 

 

IMGP2112.JPG

 

 体が重そうで飛べなさそうな鳥だよねぇ(笑) 

 

だけど 並べるとカワイイでしょ 

 

 

 

 

 

こちらの 羊毛の動物オブジェ 

 

作り方は 「クチュリエの種」178号に載っています 

 

「クチュリエの種」は 

 

フェリシモクチュリエクラブに登録すると送られてくる会員誌ですから 

 

興味のある方は ぜひこちらをご覧くださいね 

 

 

 

 

 

ポチっとクリックしていただけると 
励みになります

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

記事画像

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 夏の夜にはランプ・・・キッズクラフトのアイデア考え中
    kumiko (07/26)
  • 夏の夜にはランプ・・・キッズクラフトのアイデア考え中
    ねこ (07/20)
  • ココット皿を和風に使う(掲載作品)
    kumiko (07/19)
  • ココット皿を和風に使う(掲載作品)
    ねこ (07/18)
  • 「腹黒く発信・企画をお伝えする講座」というのに参加してみた(笑)
    kumiko (07/08)
  • 「腹黒く発信・企画をお伝えする講座」というのに参加してみた(笑)
    おばさん会社員 (07/08)
  • ジャムの空き瓶が飾れるランプになる?! (掲載作品)
    kumiko (06/28)
  • ジャムの空き瓶が飾れるランプになる?! (掲載作品)
    ねこ (06/27)
  • 実は「母」の呼び方にこだわってます
    kumiko (05/14)
  • 実は「母」の呼び方にこだわってます
    ツェツェ (05/14)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM