暮らしの中の手づくりを紹介
銅版画を額装 〜お家でできるフランス仕立ての額装〜

 

 

昨日の 娘の銅版画を額装します 

 

 

 

 

以前 広岡ちはる先生のカルトナージュの教室で教わった 

 

フレンチフレーミングの技法から 

 

厚みのあるマット台紙と化粧紙を重ねて仕上げる 

 

オーソドックスな方法です 

 

 

 

まずはフレームを準備し 紙選びですね 

 

 

色の違う紙を2種と スチレンボードと 1mm厚の台紙を用意します 

 

 

 

フレームの寸法に合わせて作品をカット 

 

 

 

作品のサイズに合わせてスチレンボードに窓をあけます 

 

 

わたしはマット台紙を45度の斜角にカットする専用カッターを持っていないので 

 

普通のカッターで 直角にカットしていますよ 

 

その代わり この窓の断面をこんなふうに色紙で覆って  

 

 

 

更にその上に グレーの紙で覆った1mm台紙を載せて 

 

 

これを作品にかぶせると・・・ 

 

 

美しく整った印象になるんです!  

 

 

 

取りあえず1枚完成 

 

もうちょっと色味があった方がいいかなとも思ったり・・・? 

 

 

 

 

 

あと数枚 フレーミングして 

 

英字のタイポグラフィアイテムなども交えて 

 

壁にレイアウトしてみましょ 

 

 

数日後をお楽しみに・・・ (*^^*)  

 

 

 

 

ポチっとクリックしていただけると 
励みになります

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村

 

| 23:03 | カルトナージュ&フレーミング | comments(2) | - |
わあっ!
マジックのようですね!
こんな素晴らしい額装したら・・・私の画でも・・・”調子に乗るな!”(笑)
まあ 冗談ともかく 小学生の時子供の描いた(気に入った)絵を一枚飾ってるんです。
レベルが違いすぎですが(笑)
| ねこ | 2017/08/06 07:27 |
ねこさま

またまたお返事が遅くなってしまってスミマセン!
子どもの絵ってアートですよ〜。
ぜひぜひ素敵に演出してあげてくださいませ。
フレームも わたしは100均ショップのをペイントして古びた感じに加工して使います。
ガラスではなくアクリル板なので軽くて壁に掛けるのに危なくないからいいんです(*^。^*)
加工するのは手間暇かかりますが、低予算で気に入ったものに仕上げられるところが魅力だと思っています(*^^*)
| kumiko | 2017/08/10 16:00 |