暮らしの中の手づくりを紹介
日帰りでイタリアに行ってきたお話

 

 

まだ桜が咲く前のことですけどね、

 

ステキなところへ行ってきたのでブログにも写真を残しておこうかと・・・

 

 

 

先月、夫とイタリアの片田舎を旅してきました。

 

 

ナンチャッテですよ。

 

 

ここは、箱根にある「箱根ガラスの森美術館」 

 

ヴェネチアングラス専門の美術館です。

 

 

 

だから見て見て〜。

 

 

煙突から出てるふうに見える煙は、奥に写る大涌谷の白煙だったりします(笑)

 

 

 

 

この美術館はね、

 

館内の展示物もさることながら、庭園もアート薫る異国の雰囲気なのです。

 

桜が咲いているように見える木々の枝、

 

実はクリスタルグラスが取り付けられているのですよ〜。

 

 

 

 

 

お日さまの光を浴びて輝くクリスタルグラスが、

 

風に揺られキラキラ踊るのですね〜。

 

動画で撮ればよかった(;^ω^) 

 

グラスどうしが重なる音が、何かをささやいているような感じもして、

 

いやはや とてもロマンチックでした!

 

周りはみ〜んなカップルよ。(わたしたちもカップルではありましたが・・・)

 

 

 

 

クリスタルグラスのツリーの前でポーズをとるカップルが多い中で、

 

わたしはひたすら建築意匠や素材の写真を撮ってました。

 

古びた木戸のアイアンパーツとか

 

アンティークレンガの塀

 

エントランス脇の外壁 

 

フェンスもいい!!

 

ライオンもいるし。

 

 

外灯も好み(*^^*)

 

 

裏庭に無造作に置かれた壺もオシャレに見えてしまう!

 

小径に施された小石の装飾

 

レストランの天井 

 

レストランの高窓、コーナーの装飾が気になってしまって。。。

 

ちょっとニッチなところに萌えていました。

 

 

 

 

このように、どこを見ても「日本じゃないみたい〜!」と思えるところが

 

この美術館のすごいところ。

 

お土産物コーナーだって、 ザ・箱根みたいな地方色の濃いお土産はないの。

 

細部まですべてがラグジュアリーな世界観 & 異国の雰囲気で統一されていました。

 

この徹底ぶりはスゴイです!

 

優雅な非日常が味わえるところ、そういうのがお好きな方には超おすすめです。

 

 

 

 

こちらの美術館、入館料は1,500円。

ちょっとお高めなんだけど、わたしたちが訪れたときはなんとワンコイン(¥500)でした!

その日(3月11日)は、「東日本大震災ワンコインチャリティ美術館」ということで、

入場料が全額 東日本大震災の復興支援に寄付されることになっていたのです。

あまり宣伝されていないからか そんなに混雑してなかったんですよね。

来年も開催されるみたいなので その日に合わせて行くのもいいですね(*^^*)

 

 

 

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ

 

【SNSはこちらから】 

フォローはお気軽に・・・

Facebook   Instagram 

 

| 22:09 | その他 | comments(0) | - |