暮らしの中の手づくりを紹介
アートに寄せるかインテリアにするか・・・

 

 

これは、長女の学校での実技課題、自由制作の中の1枚です。

 

 

 

彫刻科のお友達から、彫刻作品を切り出す際に出た切れ端をもらってきて

 

それに石膏を垂らして凹凸を付けたり、アクリル絵の具で色を付けたりしたものです。

 

 

 

元はこんな端材だったのね。

 

 

ずいぶん前にもらって来たものだったので、

 

一時わたしのインテリアレッスンの素材になっていました。

 

こんなふうに・・・

↓↓↓

 

 

 

これはこれで使えるな、と思っていたんだけど、

 

この度、ようやく手を入れて作品に昇華させましたねぇ。

 

 

同じ木片でもガラリと変わっておもしろいです。

 

 

 

 

学校の課題もねぇ、

 

一般受けするインテリアっぽいものは作品としての評価は低く、

 

なんかわからないオブジェとか抽象的な方向に持って行くと 講評会での反応もいいんだとか・・・

(もちろんコンセプトがあってのことですけど)

 

 

 

わたしはねぇ、見ていて心地いい絵、楽しくなるような作品が好きですよ。

 

暮らしの中に溶け込むアートがいいなと思っています。

 

 

 

 

 

 

【SNSはこちらから】 

フォローはお気軽に・・・

Facebook   Instagram

 

 

 

 

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ

 

 

 

| 00:02 | その他 | comments(0) | - |