暮らしの中の手づくりを紹介
コレ、こういう名前だったんだ!


わたしは 猫や犬を飼ったことがないので 

ペットのお手入れ道具に関しては知らないことだらけなのですが 

こんなブラシだけは持っています 




もちろん 縫いぐるみ制作のための道具として使っているのです 

ボア素材を縫い合わせると どうしても毛足が縫い目の中に埋もれてしまうので 

仕上げにこのブラシを使って毛を立て ふっくら感を戻すようにしています  

毛立てする前とした後では見た目が全然違うんですよ (*^。^*) 



だけど ブラッシングしちゃいけない素材もあります 

シープボア(ヒツジのような毛並みのボア)など毛足が加工されたものをブラッシングすると 

せっかくの毛並み加工がぜーんぶ取れてしまうんですよ〜  

↑失敗したのでよくわかる(;^ω^) 



さてさて そんなブラシですが 

わたしは これがペットの抜け毛取り用だとは全然知らずに(何でペットショップに売ってるの?って思ってました)

長い間「縫いぐるみづくりの道具」としか認識していなくて「手立て」と呼んでいましたが

これ「スリッカーブラシ」というそうです! 

最近覚えたワード すぐ忘れそうなので ここに記録しました 

「スリッカーブラシ」ですよ 

「毛立て」よりカッコイイ響きなので今度からそう呼ぶことにします (*^^*) 







ランキングに参加しています 
ポチっとクリックしていただけると 
とってもうれしいです
 
 
| 01:01 | ぬいぐるみ | comments(4) | trackbacks(0) |
人間じゃ悲鳴上げそうですが、ペットは気持ちがいいみたいです。
季節の変わり目は生え変わる毛がたーんと取れます。
| ねこ | 2015/12/26 12:29 |
ねこさま 

あぁ、そうでした。ねこさんは猫を飼われていたんですものね。お詳しいはずです!
そうなんですか、こんなトゲトゲの金属ブラシが猫ちゃんは快感なんですね!?
| kumiko | 2015/12/27 00:46 |
ぬいぐるみで使うのには驚きました!
確かに毛並みが揃いますね〜
| kurusilver | 2015/12/28 12:16 |
kurusilverさま 

ふふふ、わたしはぬいぐるみに使う以外知りませんでしたよ。
こんなトゲトゲを本物の猫に使うんですね〜、驚きました!
| kumiko | 2015/12/28 22:22 |









 
この記事のトラックバックURL

http://atelier-k2.jugem.jp/trackback/705