暮らしの中の手づくりを紹介
玄関先にあごの砕けたしゃれこうべが置いてあった件

 

 

昨日 買い物に行こうと玄関ドアを開けたら 

 

足元にしゃれこうべが置いてあってビックリ仰天! 

 

 

普通は ないでしょ こういうの

 

 

 

 

犯人は長女だったんですけどね 

 

一瞬 知らない誰かの悪質ないたずらかと思って 

 

通報するところでした(ウソ) 

 

 ったくもうッ! 

(実は 格好のブログネタになってラッキーと思ってる)

 

 

 

この粘土の頭蓋骨は 

 

別に 誰かを驚かすつもりで作ったわけでなく 

 

もちろん母のブログネタに提供してくれたわけでもないですよ 

 

 

 

人体頭部の構造を面で捉えるために 

 

以前 塾で 作ったものなんだとか・・・ 

 

ずっと置きっぱなしだったのを 

 

ようやく持ち帰って来たらしいのです 

 

 

 

でね 自転車で持ち帰って来る時 

 

振動で あごが欠けちゃったそうで こんな姿に・・・ 

 

ぽろぽろとカスがこぼれるので家に入れない方がいいかと 

 

彼女なりの配慮から 

 

取りあえずここに仮置きしたようですよ 

 

 

近くで見ると・・・おぅ !!! (ノll゚Д゚llヽ)

 

 

 

 

だいたい彼女には 頭蓋骨が不気味なものには思えないらしいですね 

 

 

 

芸術系の授業にも解剖学というのがあるそうで 

 

「芸用解剖学」というそうです  

 

人物を描くのには人体の造形を理解している方がいいから 

 

解剖学的な構造も学習するそうなんですよ 

 

なにやらアカデミック〜 

 

だからね こういうの キャーキャーいうものじゃないそうです 

 

 

 

 

こんな本もしょっちゅう見てるし・・・ 

 

 

 

彼女の言うフツーは わたしの思ってる「普通」とは違う 

 

そういうの 否定から入らずに おもしろがってみると 

 

わたしの世界も広がってく気がします 

 

 

 

 

 

 

ふふふ 

 

夜も更けてくると さらに恐怖が増しますね (。>д<) 

 

 

取りあえず玄関からは移動することにしますよ 

 

今年のハロウィーン用に保管しておくかな・・・ 

 

 

 

 

 

ポチっとクリックしていただけると 
励みになります

にほんブログ村 ハンドメイドブログ ハンドメイド生活へ
にほんブログ村

 

| 23:09 | 家族のこと | comments(0) | - |